チャペルだけじゃない!人前式から仏前式までご紹介

仏様の前で愛を誓う仏前式

結婚式と言えばチャペルで牧師さんや神父さん立ち会いのもと、神様の前で永遠の愛を誓う…というイメージが強いかと思います。しかし日本は元々仏教の家が多く、仏前結婚式というものもあります。仏教では一度結婚すると来世でも縁が結ばれると教えています。その教えに基づき新郎新婦が仏の前で二人が出会った縁に感謝し、祖先に結婚の報告をします。仏教は色々な宗派がありますが、両家のうちどちらかが挙式を行う寺院の宗派に属している事が条件になります。
基本的にはお寺で行われるのが一般的ですが、中にはホテルや式場で行う事もできます。衣装は和装が基本ですが洋装でも可能です。参列は親族のみといった所が多く、列席者は数珠を持参します。

皆に祝福される人前式

人前式とは神仏の代わりに列席者に二人の愛を誓い、結婚の承認になってもらうといったものです。宗教や格式にとらわれず自由にプランが決められるのでオリジナリティの高い式にする事ができます。しかし年配の方にはあまりなじみがないので、人前式を選ぶ際は事前に説明をしておく事が必要です。
自由度が高い式なので、二人がどのような事を重視して式を執り行うのかが重要です。両家の結びつきを重視するのであれば、お互いの親族がそれぞれ参加できるようなアイデアを盛り込むと良いでしょう。儀式っぽくしたくない人は列席者全員が参加できる様な、遊び心を取り入れたイベントを用意するのもおすすめです。船上や遊園地などでも行えるので、二人の思い入れのある場所で式を挙げる事ができます。

結婚指輪を大阪で買うのが、西日本の中ではおすすめです。爆買い観光客向けの質のいいものが安く買えます。